ホーム » 私のカナダ物語

私のカナダ物語

Photo ©Alan Albert

あなたは、ファミール-IAR見える, まだ何とか奇妙な - あなたはすべての偶然です。 カナダ?

この ニューヨーカー 自動車漫画 キャプションは、多くのアメリカ人がカナダで持っている関係を要約し. 我々が何気なく、任意の隣の人を知っているかもしれないように我々は、カナダを知っている. 我々はCORダイヤルだ, こんにちは"と言う,"と我々自身の事業に関する行く.

確かに, ほとんどのアメリカ人は私たちの北の隣人について何を知っている. 我々は、約ヘッドラインをスキャンした UNI-VER-SALのヘルスケア, 同性月 - riage, と ホッケーマニア. 我々はmajes-TIC moun-TAINSのフォー-TOSを見てきました, 静かな入り江, けん引-ER-るますます菜, とアークティック·ワイルダーネスの広大なストレッチ. 我々はシュールveysコールるを読んだことがあります バンクーバー 生きるために世界最高の都市, COM-PAR-INGのシック モントリオール パリへ, と ランクる トロント 地球上で最も多文化大都市の間で. ウィア ファミールIAR- カナダとの, しかし、我々は本当に私たちのカナダの隣人を知らないかもしれない - 何か私たちが注目して行うことが起こるまで.

私のFAM-ILYのために, それがあった 求人.

そして国境を越えて私たちの予期せぬ移動後, as my fam­ily and I began fig­ur­ing out how to man­age the tran­si­tion to our new Canadian home, 我々はすぐにすることDIS-COV-エレド VACA-るのクロスるBOR-ファンデ - いくつかの - ことは、私たちは何度も、行わねwasn’t the same as liv­ing and work­ing in a dif­fer­ent coun­try.

ため Canada is a dif­fer­ent coun­try. もちろん、, その愚かな音; we knew we were mov­ing to a new nation with its own gov­ern­ment, お金, と法律. Yet because Canada felt so com­fort­able – so sim­i­lar to the United States – we were sur­prised at how many things we needed to sort out.

あたりのMITS 我々は作業るを開始するために必要な. ザ DOC-U-メンツ 我々は車を動かすのに必要. どのように 健康insur-インピーダンスの手配当社の法人税申告書を提出. 多くのimmi - 助成金ヘッドる海外とは異なり、, we didn’t need to learn a new lan­guage or adapt to exotic cus­toms. 我々は、国試行右隣に行っていた. まだたくさんの課題が残っていた.

我々は、紙ベースの作業を整理した後、, も, 我々は採用した国、試しに調整し始めた. 我々はすぐに受け入れることを学んだ カナダのMUL-TI-CUL-turalエステ, サンプリング·新食品, ローカルFES-TI-ヴァルスでjoin-る, そして世界中から外国人居住者と知り合いになって. 我々はappre-CI-食べに来ました アクティブ, 屋外指向CUL-トゥーレ, PEO-PLEは、スキー·るに行く時間を作る場所, 彼らのバイクに乗る, または水フロントに沿って歩く. And we began to slow our hurry-​​up atti­tudes to a more ゆったりとしたカナダのスピード.

時間とともに, 我々はまた、カナダとアメリカの文化の間に、他の多くの相違点を発見した. 我々は、と知り合いになった Timbits. 学んだこと 着メロ と、なぜ子供たちは、SOC-CERのためにそれらを必要とされる. そこにいる理由を考え出した 上のHOL-I-日 の女王 イングランドの 誕生日.

あなたはexplor-るこのWebサイトであれば, あなたはカナダに移住を考えることができるか、すでにここで可能性があります. Whatever your rea­son for con­sid­er­ing Canada – that neigh­bor who’s famil­iar yet just a bit dif­fer­ent – wel­come. 私は新しいカナダの家をご紹介したいと思います.

- 本からの抜粋, カナダでの留学生活. 読むには詳細, 書籍を購入.

写真©アランアルバート