ホーム » 私のカナダ物語

私のカナダ物語

Photo ©Alan Albert

あなたは、ファミール-IAR見える, まだ何とか奇妙な - あなたはすべての偶然です。 カナダ?

この ニューヨーカー 自動車漫画 キャプションは、多くのアメリカ人がカナダで持っている関係を要約し. We know Canada like we might casu­al­ly know any next-door neigh­bor. 我々はCORダイヤルだ, say “hel­lo,” and go about our own busi­ness.

確かに, ほとんどのアメリカ人は私たちの北の隣人について何を知っている. 我々は、約ヘッドラインをスキャンした UNI-VER-SALのヘルスケア, same-sex mar­riage, と hock­ey mania. 我々はmajes-TIC moun-TAINSのフォー-TOSを見てきました, qui­et coves, けん引-ER-るますます菜, and vast stretch­es of arc­tic wilder­ness. 我々はシュールveysコールるを読んだことがあります バンクーバー 生きるために世界最高の都市, COM-PAR-INGのシック モントリオール パリへ, と ランクる トロント among the planet’s most mul­ti­cul­tur­al metrop­o­lis­es. ウィア ファミールIAR- カナダとの, but we may not real­ly know our Canadian neigh­bors – until some­thing hap­pens that makes us take notice.

For my fam­i­ly, それがあった 求人.

And after our unan­tic­i­pat­ed move over the bor­der, as my fam­i­ly and I began fig­ur­ing out how to man­age the tran­si­tion to our new Canadian home, we quick­ly dis­cov­ered that VACA-るのクロスるBOR-ファンデ - いくつかの - ことは、私たちは何度も、行わねwasn’t the same as liv­ing and work­ing in a dif­fer­ent coun­try.

ため Canada is a dif­fer­ent coun­try. もちろん、, that sounds sil­ly; we knew we were mov­ing to a new nation with its own gov­ern­ment, mon­ey, と法律. Yet because Canada felt so com­fort­able – so sim­i­lar to the United States – we were sur­prised at how many things we need­ed to sort out.

あたりのMITS we need­ed to begin work­ing. ザ DOC-U-メンツ we need­ed to move our car. どのように 健康insur-インピーダンスの手配当社の法人税申告書を提出. 多くのimmi - 助成金ヘッドる海外とは異なり、, we didn’t need to learn a new lan­guage or adapt to exot­ic cus­toms. 我々は、国試行右隣に行っていた. Yet there were still plen­ty of chal­lenges.

After we sort­ed out the paper­work, も, we began to adjust to our adopt­ed coun­try. 我々はすぐに受け入れることを学んだ Canada’s mul­ti­cul­tur­al esthet­ic, サンプリング·新食品, ローカルFES-TI-ヴァルスでjoin-る, and get­ting acquaint­ed with expats from across the globe. 我々はappre-CI-食べに来ました アクティブ, out­door-ori­ent­ed cul­ture, PEO-PLEは、スキー·るに行く時間を作る場所, 彼らのバイクに乗る, または水フロントに沿って歩く. And we began to slow our hur­ry-up atti­tudes to a more ゆったりとしたカナダのスピード.

時間とともに, we’ve also dis­cov­ered many oth­er dif­fer­ences between Canadian and American cul­ture. We’ve become acquaint­ed with Timbits. 学んだこと 着メロ are and why the kids need­ed them for soc­cer. そこにいる理由を考え出した上のHOL-I-日 の女王 イングランドの 誕生日.

あなたはexplor-るこのWebサイトであれば, あなたはカナダに移住を考えることができるか、すでにここで可能性があります. Whatever your rea­son for con­sid­er­ing Canada – that neigh­bor who’s famil­iar yet just a bit dif­fer­ent – wel­come. 私は新しいカナダの家をご紹介したいと思います.

- 本からの抜粋, カナダでの留学生活. 読むには詳細, 書籍を購入.

写真©アランアルバート